彼氏の女友達に嫉妬してしまう…ジェラシーを和らげる方法6つ

kareshi-onnnatomodachi-shitto

大好きな彼氏であればあるほど、彼の女友達にジェラシーを感じてしまうことってありますよね。

彼がモテるタイプだったり、交友関係が広いタイプであればその回数も増えてしまうでしょう。

自分だって嫉妬したくてしてるんじゃない…こんな自分が嫌!

そんな自己嫌悪に陥ってしまわないよう、ジェラシーを和らげる方法6つご紹介します。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.誰かに話してみる

嫉妬して辛い…そんな気持ちは恋している人であれば誰しも一度は経験があるでしょう。

だから共感してくれる人もたくさんいますので、自分の気持ちを誰かに話してみましょう。

案外みんな悩んだことがあるということに気づいて気持ちが楽になったり、自分の気持ちを吐き出すことによってスッキリすることもあります。

同じ悩みを抱えていることがわかれば、話した相手との親密度も増すでしょう。

どんなことでも、ネガティブなことは自分のなかで溜め込んでしまうほどに悪い方向へ行ってしまいます。

早めに発散してしまいましょう

2.彼氏の女友達と自分も友達になってみる

嫉妬の対象である、彼氏の女友達と仲良くなってしまうのも手です。

相手がどんな人かがわからないから、余計に嫉妬心が増してしまっているパターンもあるからです。

自分も友達になって、この人なら大丈夫!という状況になれば、あなたも安心ですし、彼氏も喜んでくれるのでは?

積極的にコミュニケーションをとって、仲良くなっちゃいましょう!

そこから交友関係も広がって、あなたの世界も広がるかもしれません。

そうすればあなたの魅力も増して、彼がもっと夢中になってくれるかも!?

3.彼氏に打ち明けてみる

彼に正直に嫉妬していることを伝えてみるのも良いでしょう。

たいていの男性は彼女が嫉妬に苦しんでいることになかなか気づかないからです。

伝えるときに大事なのは絶対に彼氏を責めないこと。

「○○くんはカッコいいから、女の子と仲良くしてるのを見ると心配になっちゃって…。」等、可愛らしく伝えてください。

最初に彼氏の良い部分を褒めてから伝えるのがポイントです。

あなたの可愛らしさに、女友達との付き合い方を改めてくれるかもしれません。

それに、辛い想いをさせてしまったことに気づけば、今までよりも優しくしてくれ、あなたの嫉妬心自体も和らぐかも。

素直に伝えることによって二人の仲がより深いものになるでしょう。

長くお付き合いするためにも不満は溜め込まず、上手に伝えていきましょう。

4.他に夢中になれることを探す

彼氏の女友達にジェラシーを感じている…そんなあなたは彼中心の生活になっていませんか?

彼のことばかり考えているから、嫉妬心も増してしまうものです。

そんなときは、彼氏以外に夢中になれることを探してみましょう。

習い事などをはじめて、自分磨きをはじめてみるのも良いのでは?

あなたの魅力がアップするのはもちろんですが、恋愛以外のスキルアップも可能です。

仕事に関わることなら、スキルアップをすれば評価もあがって仕事をするのも楽しくなるでしょう。

女友達にジェラシーを感じていたのがバカバカしくなるくらい、夢中になれるものを見つけてみませんか。

さらに素敵な女性になっちゃいましょう。

5.許容範囲を伝えておく

女友達へのジェラシーは浮気に繋がることを予測して…という感情ではないですか?

そんな方は、彼氏に「女友達とこれ以上のことをしたら浮気だよ!」ということを予め伝えておきましょう。

このとき、二人きりで出かけるのはダメ!程度なら彼も理解してくれるでしょう。

ですが、多数の男女の友達と出かけるなども禁止してしまうのは彼にとっても酷なもの。

逆にあなたが彼から禁止されても許せる範囲を許容範囲として伝えましょう。

あなたのことが大事なら、彼も素直に聞いてくれるでしょう。

反対に、彼があなたの要求を聞いてくれないなら付き合い自体も考え直すべきではないでしょうか。

自分が辛い想いばかりしては長続きしません。

6.嫉妬の原因を考えてみる

女友達へのジェラシー…その原因は何かを考えたことはありますか?

ジェラシーを感じやすい女性に共通することは独占欲が強いこと。

「彼は私のもの!誰も邪魔しないで!」なんて、思っていることはありませんか?

彼はあなたの所有物ではないのです。

窮屈すぎる愛情から逃げたくなることってありますよね?

あなたの独占欲からくる束縛が強ければ彼は逃げ出したくなってしまうかも。

大好きな気持ちから生まれたジェラシーも彼との仲に亀裂を入れてしまってはどうしようもありません。

自分の独占欲の強さを自覚して、女友達へのジェラシーなど感じている時間が勿体ないことに気づきましょう。

自分の負の部分を改善して成長できるチャンスですよ!

おわりに

彼氏の女友達に対する嫉妬は辛いですよね。

恋にジェラシーはつきものです。

大好きな彼なんだから、その感情が生まれてしまうのは仕方ないことです。

でも、ずっと辛い気持ちを抱えていてはストレスも溜まってしまいますね。

上手に和らげて、もっともっと魅力的な女性になりましょう。

そして大好きな彼氏と素敵なカップルを目指してくださいね。

(ライター/美歩)