彼氏が別れ話で泣く心理!男が恋愛で涙を流す理由5つ!

karesi-wakarebanasi-naku

別れ話で涙を流すのは女だけかと思っていたら…。

普段は気丈な彼が、別れ話の最中に涙を流すのを見てビックリ。

「あの彼が泣くなんて…」と思うと、そこには特別な何かの想いがありそうで、どんな心理なのか気になりますよね。

今回は「別れ話の時に男が泣く心理5つ」をご紹介します。

男だって恋愛で涙を流すんですよ。

いったいどんな心理で涙が出るものなのか、一緒に男性の気持ちを覗いてみましょう。

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.あなたを失いたくないから

あなたから別れ話を切り出して彼が泣く場合は、「あなたを失いたくないから」という理由がほとんどでしょう。

誰だって自分が大切に想っているものが離れていくとわかれば、悲しくて涙が出ます。

彼自身、「カノジョの前で泣くなんてみっともない」と思っていることが多いハズ。

涙が出るのをガマンもしようとしているハズ。

でも溢れる涙は抑えられないんです。

だって大好きなカノジョが今自分を切り離してどこかへ行こうとしているんですから。

彼氏の涙にビックリして、別れを思いとどまる女性もいるかも知れませんね。

「そんなにワタシのことを想ってくれていたの?」と。

女性が別れを決断した理由が2人のスレ違いの為だった場合、彼の涙によって気持ちの大きさを知ることができ、別れ話を撤回する…ということもあるでしょう。

2.思い出に執着しているから

彼氏の方から別れ話を切り出してきたのに、その彼氏が涙を流している、というパターンもあるでしょう。

「自分から別れたいって言っといてなんで?」とフラれた方は思いますよね。

この場合、彼はあなたとの思い出に対して涙を流しているのでしょう。

「あんなに楽しかった頃もあったのに。いつからスレ違うようになって、なんでこんな風に別れを選ぶことになってしまったんだろう」

そんな思いで彼は泣くのかも知れません。

この場合、彼は「思い出に対して執着しているから泣く」のであって、「別れたくないから泣く」のではありません。

彼の涙の意味を勘違いして「まだ復縁できる」と思うのは勘違いです。

彼は一時的に悲しくて涙は出るけど、復縁してもうまくいかない事を知っています。

3.別れのシチュエーションに酔っているから

別れ話で彼氏が泣くのは「別れの場面」というシチュエーションに酔ってしまっているせいかも知れません。

感覚としては恋愛映画や恋愛ドラマの別れのシーンを観て涙が出るのと同じです。

「別れる」「失う」「もう会えない」などのワードやシーンは、胸の中の切なさをギュッと引き起こし、それによって感情が高ぶり、涙が出ます。

気持ちが高揚している状態とも言えますね。

「別れの場面」というめったにないシチュエーションで緊張もするでしょうし、普段とはまったく違った心の状態のために、普段気丈な彼氏でも涙が出たりするのです。

この場合も「別れたくないから泣く」わけではないので、復縁の可能性はほとんどないとみて良いでしょう。

4.あなたの涙に誘われたから

「もらい泣き」ということもあります。

別れ話の場面では、たいていの場合女性が泣くことが多いでしょう。

泣いているあなたを見ているうちに、彼氏がもらい泣きした可能性もあります。

その場合、きっと彼は感受性の強い優しい人なのでしょうね。

ある意味、彼の涙は泣いているあなたに対する同情とも言えるかも知れません。

テレビ番組の「お涙ちょうだい」的なシーンで、スタジオで泣いている芸能人の顔のアップをわざと抜いて、大きく画面に映していたりしますよね。

その泣いている姿を見ることでさらに涙を誘われるという人も多いはず。

泣いている人を見て思わず自分も泣く、というのは珍しいことではありませんし、それが身近な人であるほど涙に誘われる可能性は高いでしょう。

5.お先真っ暗な自分が可哀想だから

あなたから彼氏をフッたという場合。

別れ話を切り出された彼は、「可哀想な自分」に涙を流しているのかも知れません。

「情けない、ツライ、悲しい」という自分に対する感情でめいいっぱいな状態ですね。

まぁフラれたのだから仕方ありません。

この場合、もちろん「あなたを失った悲しみ」もあります。

ですが、「女にフラれて格好悪い自分」とか「これで当分結婚の可能性が消えた」とかお先真っ暗な自分に対しての絶望感から涙を流していることが多いでしょう。

そういう場合、たとえば翌日に他の女の子から告白されたら、意外とケロっとあなたのことを忘れてルンルンで次の恋に向かう…なんてこともありそうです。

おわりに

いかがだったでしょうか?

別れ話の際に彼氏が泣く心理はさまざまですが、必ず「この中からコレひとつだけ!」というわけではないでしょう。

どの心理も合わせ混ざった状態で、彼氏自身、感情が高ぶっていつの間にか涙が出るものでしょう。

まだ好きでも、もう好きじゃなくても、今まで大切にしていた人とお別れするのは男女問わず悲しいものですからね。

彼氏が泣くほどの恋愛を、あなたとできてよかった、と思いたいですね。

(ライター/ともりこ)