恋愛の共依存…克服する!「自立した関係」を築く方法8個!

恋愛をするといつも共依存に陥ってしまう。

お互いをダメにしてしまう恋はもうしたくない。克服する方法ってないのかな…?

恋人がお互いを必要とするのは当たり前の事とは言え、過度な依存状態が続くと辛くなってきますよね。

今回は、恋愛で共依存に陥りやすい女性の特徴と、共依存を克服する方法をご紹介します。

アドセンス広告(PC&モバイル)

スポンサーリンク

1.恋愛で共依存に陥りやすい女性の特徴

1-1.尽くすことで愛を得ようとする

「無償の愛なんてあるはずがない。好きな人から愛されるためには、自分が役に立つ人間だとわかってもらわないと…!」

そんな事を思っていませんか?

実は、尽くすことで愛を得ようとする女性って、共依存に陥りやすいんです。

相手は尽くされる事でどんどんあなたに頼るようになり、何もしない男性になっていきます。

そして、女性側は彼が頼りきりになることによって「必要とされている=愛されている」と勘違いをし、関係がこじれていく結果に。

愛は尽くさなくても得られるものだと気づくことが、克服の鍵ですよ。

1-2.相手は自分がいないとダメだ思っている

「彼は、私がいないと何にもできないから…。」この考え方はとっても危険。

恋愛で共依存に陥りやすい女性は、相手は自分がいないとダメだ思っている人がとても多いんです。

本来なら一人でできる事でも、「私がやってあげないと…!」と、手を出してしまうため、最終的には恋人が自分では何もできない男性になってしまいます。

全て相手のためで、良かれと思って行動しているため、克服がなかなか難しいのも特徴的。

相手を甘やかすことばかりが愛ではなく、自立させるのも愛だと気づく事が大切です。

1-3.何よりも相手を優先してしまう

恋人からの呼び出しがあると、たとえ友達と約束をしていても、病院の予約をしていてもキャンセルして彼の元に飛んでいってしまう。

こんな恋愛をしているならば、要注意。

何よりも相手を優先してしまうのは、共依存に陥りやすい女性の典型的な特徴です。

優先順位のトップに彼氏を置いてしまうと、恋愛中心の生活になります。

そしてどうしても仕事や友人関係が疎かになり、自然と孤立してしまうことに。

その結果、克服のきっかけも掴めず「頼れるのは、恋人しかいない…!」と共依存状態に陥ってしまうんですよ。

1-4.自分に自信がない

「こんな私と恋愛してくれる男性なんて、もう彼以外にいるはずがない…。」

共依存に陥りやすい女性に共通するのが、自分に自信がないということ。

「この人を逃すと、もう次はないかもしれない!」という焦りが人より強いため、今の恋人にしがみついてしまうんです。

「どんなに傷つけても愛してくれる」という安心感を得たいために、恋人を苦しめる事を繰り返す男性と恋愛し、非常に重い共依存状態に。

男性は、彼一人ではない!と思えるようになると克服しやすくなりますよ。

1-5.相手に怒ることができない

「彼と喧嘩をしても、上手く自分の気持ちを伝える事ができなくて、いつも言いくるめられてしまう…。」

思っている事を相手に伝えるのって難しいですよね。

でも相手に怒ることができないもの、恋愛で共依存に陥る女性の特徴なんです。

毎回、彼に傷つけられるような事をされても、上手く怒れずに許すことしかできない。

こんな状況を繰り返すと、どんどん彼氏優位の恋愛になっていきます。

そのうちに、彼氏の言うことが絶対に正しいんだと洗脳されたような状態になり、どんどん克服が遠のいてしまうんです。

1-6.他人を信用できない

共依存を克服するにあたり、非常に大きな助けとなるのが、周りの人の協力です。

そのため、他人を信用できない女性はなかなか依存状態から抜け出せません。

過度な依存を伴う恋愛をしていると、周りの人が気づいてアドバイスをしてくれる機会もあるでしょう。

その時に「おかしい」と言ってくれる人達に対し、「そんなわけない」「放っておいて」と突っぱねてしまうため、どんどん深みにはまっていくことに。

自分の置かれている状況を疑う事も大切なんですよ。

1-7.相手をコントロールしたい

「恋人の行動を、逐一チェックしなければ気が済まない!」なんて恋愛をしていませんか?

相手をコントロールしたいという気持ちが強い女性は、共依存に陥りやすいんです。

彼氏を自分の監視下におくことで安心感を得ようとし、「縛られる=愛されている」と考える男性と、深い依存関係になります。

恋愛は相手を支配することではありません。

相手は意思のある人間だと理解するのが、克服への第一歩と言えるでしょう。

1-8.相手の成長を喜べない

「彼が苦手を克服しようとしたり、何か新しい事をしようとするのが気に入らない。今のままで良いのに…と思ってしまう。」

そんな考え方も、共依存に陥るリスクが含まれています。

相手の成長を喜べないのは、相手に依存されたいという欲が強くなっている証拠。

「恋人が成長することによって、自分が必要なくなってしまうんじゃないか…。」

そんな恐怖を感じて、素直に喜べないんです。

彼氏の成長にモヤモヤを感じたら、自ら共依存を望んでしまっている状態と心得て、方向転換を図ると克服が近づきますよ。

2.恋愛での共依存を克服する方法

2-1.ルールを決める

どこまで相手の言うことを聞けば良いのか、限度がわからず、依存関係に陥るほどに我慢したり尽くしたりしてしまう女性は多いもの。

恋愛での共依存を克服するためには、まず恋人間のルールを決めましょう。

「お金の貸し借りはしない。」「お互いの予定を尊重する。」「暴力を振るわれたら即刻別れる。」

など、あなたが今までにしてきた失敗を繰り返さないための約束ごとを決めておくんです。

大切なのは、決めたルールはきちんと守ること。

彼がルールを破ってばかりなのであれば、速やかにお別れしてくださいね。

2-2.いったん距離を置く

「私は彼がいないと生きていけないし、彼だって私がいないとダメになる。」

そんな重度の共依存を克服するには、いったん彼と距離を置くのが一番。

彼と二人だけの世界を抜けだし、一人になって色々な物に目を向けることで、恋愛だけに固執しなくても生きていける方法が見えてきます。

その間に彼側も同じように自立できるのが、共依存の克服としては理想的。

もし別の女性に心変わりしてしまえば、彼の依存相手は誰でもよかったんだと目が覚めるきっかけになりますよ。

2-3.自分のやりたい事を優先する

恋愛での共依存を克服するために大切なのは、「精神的な自立」です。

「自分のことは自分で決める」という強い意志を持ち、できる限り自分のやりたい事を優先してください。

友達と会う時に彼から呼び出しがかかっても、「今日は予定があるから。」ときっぱり断る。

彼氏が「そんなの無駄だよ。」と言ったとしても、やってみたかった習い事を始める。

こうして行動を彼に支配されず、自分で決め、成功を体験することによって、自信もついてきます。

言葉や力で支配しようとする彼が小さく見え、必要ない存在だと感じれば克服成功です。

2-4.綺麗になる努力をする

共依存になる恋愛をしがちな女性は、自分に自信がない人が多いんです。

つまり、自信をつけるのが克服の近道と言えるでしょう。

わかりやすく自信をつけるためには、綺麗になる努力をするのがオススメ。

ダイエットをしたり、ヘアメイクやファッションを研究したりするだけで、容姿はずいぶん変わりますし、それに伴い周りの人々の反応も変わります。

「お前みたいなブスを好きになるのは、俺くらいだからな。」

と、容姿をけなして心を支配する彼氏との恋愛から抜け出せるよう、綺麗になってくださいね。

2-5.日記を書く

自分達の状況を客観視することも、共依存を克服するには大切なことです。

でも、依存状態に慣れてしまうと、今自分がしている行動がおかしいことなのかどうか判別がつかないもの。

そのため、今日から日記をつけてみてください。

一日の間に起こったことを、ただメモしていくだけでも構いません。

「私こんなにも彼にお金貸してるの…?」「彼のこの行動、おかしくない…?」

と、後から読み返してみて、違和感に気づくことが重要。

まずは彼と自分の恋愛を客観的に捉えることが、克服の第一歩となるんですよ。

2-6.周りからのアドバイスを受け入れる

深い共依存状態の時は、いくら何かがおかしいと思っていても、決定的な原因や克服方法がなかなか見つからないもの。

そんな時は、周りからのアドバイスを受け入れられると、現状の打開策が見えてきますよ。

周りの人々は、本人ではないので二人の恋愛を客観視できますし、様々な経験を元に克服のための有益な情報を与えてくれます。

もちろん全てを鵜呑みにして良いわけではありませんが、周りが口を揃えて言う言葉にはきちん理由がありますから、しっかりと耳を傾けましょうね。

2-7.相手と自分を切り離して考える

相手の気持ちをコントロールしたいと思ってしまうのが、共依存に陥りやすい女性の特徴のひとつです。

克服のためには、まず「相手と自分を切り離して考える」ことが必須条件。

「私が一緒にいたいと思っているんだから、絶対に彼も一緒にいたいはず。そうでなければ許せない。」

なんて思っていませんか?

彼はあなたが自由に動かせるロボットではありません。きちんと意思があります。

「私と彼の考え方は、異なることもある。」

ということを理解すれば、彼の意見を尊重できるようになり、克服が成功できるでしょう。

2-8.専門家に相談する

恋愛で共依存に陥る原因が、家庭環境によるものなど非常に根深いケースも。

そんな場合はプロに頼るという方法もあります。

メンタルクリニックで専門家に相談して、克服できたという女性も多いんですよ。

心の奥深くに原因があると、素人では自ら掘り返して解決する以前に、掘る場所を探し当てる事すら難しいもの。

一度カウンセリングをうけて、専門家と一緒に、恋愛で依存してしまう原因をじっくり探ってみましょう。

原因がわかれば、それを解決するか受け入れて昇華させることで、共依存の克服に繋がりますよ。

3.おわりに

今回ご紹介した、恋愛で共依存に陥りやすい女性の特徴と克服する方法はいかがでしたか?

依存状態から抜け出すために非常に重要なのが、広い視野を持ち、自分達を客観視すること。

今の自分達の状況を正しく把握すると、依存に陥る原因が見えてきます。

原因に応じて、自立するために自分を変える努力をしたり、人に助けを求めたりと抜けだす方法を選びましょう。

共依存を克服して、楽しい恋愛をしてくださいね!

(ライター/sayuki)