好きな人を諦める理由って!?…恋を終わらせるとき6パターン

sukinahito-akirameru-riyuu

好きになったからと言って、必ずしも全員がその相手と恋人関係になれる訳ではありませんよね。

どんなに好きになっても実らない恋もあるものです。

好きな人を諦めるとき…その理由は様々ですが、大きく6つのパターンに分れてきます。

叶わない恋には踏ん切りをつけて、新しい恋を見つけにいきましょう!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1. 恋人がいる

好きな人を諦める…最も多い理由は、すでに恋人がいるときでしょう。

これは…ほとんどの女性が諦める原因ですよね。

以外にも、「どうしても好きだから…彼女から奪ってやる!」と思う女性って、結構少ないものです。

片思いの上に、すでに両想いの彼女から奪って自分が両想いになることには…かなりの精神力を使うことになりますからね。

結局、ここのくだりを面倒だと思う気持ちから諦める結論に至っているのでしょう

ここまで深く考えていない方でも、本能的にこのことを察知して諦める方も多いと思います。

これは正しい判断だと思います。

相手が、恋人との関係は冷めきっているとか、別れる寸前くらいの状態ではないのであれば…諦めてしまう方が良いでしょう。

時間の無駄ですしね。

2.可能性がない

好きな人がフリーだとしても、彼のタイプでなければ…恋愛に発展することはありませんよね?

外見でも内面でも、彼の好みに近づこうとしたところで…自分本来の姿ではないのですから、いつかボロが出てしまうでしょう。

それでも少しでも可能性があれば…と思って努力した方でも、結果的に「彼が私を好きになってくれる可能性は無い」と判断した時点で諦めるのです。

理由は言わなくてもわかりますよね?…傷つきたくないですからね。

無駄な努力をしても報われない恋に向かって頑張ることなんて…したくないですからね。

これも一種の防衛本能なのです。

3.親友も彼が好き

これはある意味「偽善者」の考え方です。

…が、この理由で好きになった人を諦めるケースは少なくありません。

「好きな人も大事だけど、ずっと一緒にいてくれた親友の方が大事」…分からなくはないですよ?

ただし、自分の気持ちを押し込める…のは違うと思います。

「親友に嫌われたくない」という偽善心です。

ましてや親友は彼の恋人でもなく、自分と同じ片思いのステージにいるのですから。

ここで遠慮するのは違うと思うんですよね…。

いくら親友と同じ人を好きになったからと言って諦められる恋なら、その程度の恋ということなのですよ。

親友に遠慮したことを諦めた理由にしないでください。

そもそも人に遠慮できる程度の恋だったのですから。

その程度の想いだった…ということが理由であったを自覚して、新しい恋愛に進んでほしいと思います!

4.勝てないライバルがいる

片思いとしてのライバルが…外見も内面も叶わない相手だった場合、戦わずして諦めてしまうことは多いでしょう。

これは彼に彼女がいる場合と似ていますね。

どう頑張っても絶対的に勝てない状態であるならば…下手に傷を負いたくないですからね、人は。

ただ、ここを勘違いしてほしくないのですが、「自分が勝てない」と思った相手だから諦めるのではなく、「彼が好きになる可能性で勝てない」ときに諦めることがポイントになることです。

自分の価値観を諦めた理由にするのではなく、好きな人…彼から見てどうか、ということで判断してください。

外見・内面がライバルより劣っていたとしても、彼のタイプはあなた…なのかもしれないのですから。

5.不釣り合いだから

始めは良く知らなかったけど、好きになってからどんどん彼のことを知りたくなって…

少しずつ彼のことを知っていった結果…

好きな人を諦めることを決断する場合もあるでしょう。

好きになった人と自分との間に、あまりもの「差」があったときです。

好きな人だけど自分とは不釣り合いだから…という理由で恋を終わらせる場合があるでしょう。

学歴や家柄等、中々埋められない差がある状態では、相手から熱烈にアプローチをされない限り、上手くいく恋愛…とは言い難い状況ですからね。

ある程度自分の状態を把握していることも、幸せを掴む1つの方法かもしれません。

6.将来が望めない

妻子がいるとか、婚約者がいる等、「一時の楽しい恋愛」をすることは出来ても、好きな人が、恋愛の延長線上にあることの多くに規制がかかる相手である場合も…

諦める理由の1つになるでしょうね。

好きな人が公に「恋人」として付き合うことのできない相手であれば、付き合ったとしても…会うときでさえ人目を気にして常にびくびくする関係になるのです。

堂々とデートをする、時間帯を気にすることなく電話やメールをする、クリスマスや誕生日等のイベントを一緒に過す。

そしていつかは結婚…という、「普通の恋愛から生じる当たり前の出来事」が望めない「明日という未来」さえ不透明な関係になることを考えると…

諦めることが結果的に幸せになるかもしれないでしょう。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

好きな人と付き合いたい…特別な関係になりたい…と思うのは、自然の道理です。

しかし、相手側、自分側、どちらかに理由があってその恋を諦めなければいけないとき、諦めてしまうとき…もあるでしょう。

諦めなければいけなかった恋は、結局は「縁のない恋」だったのです。

思い切って断ち切り…次の「縁のある恋」に活かしてほしいと思います!縁は必ず誰かに繋がっているのですから…。

(ライター/沢田七海)