『恋愛up!』は恋愛が上手くいくハウツーがつまったニュースメディアです。

お見合いデートでキスってあり?判断するためのポイント5つ!

omiai-deito-kisu

「お見合い相手とのキス」って…、なんだか慎重にかまえてしまいますよね。

見合いデート中にするなんて、なんだか不謹慎な感じがして…。そもそもお見合いデートでキスってアリなのでしょうか?

結論から言うと、男女が唇を合わせるタイミングは基本いつでもOK「こうあるべき」はありません

「お見合い」は出会いのきっかけにすぎませんからね。

とはいえ、その判断に迷うなら、今回ご紹介する5つのポイントを参考にしてみてください!

スポンサーリンク

1.あなたにとってのキスの重み

お見合い中の彼とキスするのに「◯回デートした後ならOK」とか「婚約したらOK」などという条件はありません。

もし基準を作るとするなら「あなたにとってのキスの重み」で判断してはいかがでしょう。

「そんなの日常茶飯事」という人と、「経験まったくありません」という人では、本人にとってのキスの重みは全然違いますよね。

もしあなたが彼と唇をかわした後で「やっぱり交際がうまくいかなくなった」となった場合を想像してみてください。

「チューまでしちゃったけど、まぁいっか」と思えるのか、「私の唇まで捧げたのに…」とめいいっぱい悔やむのか。

「誰としようと平気」なんて女性はいないでしょうが、どれほど重きを置くかは人それぞれでしょう。

あなたが「後悔しない」と思えれば、それでOKなんです。

2.相手にとってのキスの重み

同じように、相手にとっての「女性とキスすること」の重み、という点も判断ポイントになるでしょう。

たとえば相手の交際歴を聞いてみて「女性と付き合ったことありません」という人なら、当然女性経験もないと思って良いですよね。

その彼とデート中に唇を合わせることになったとしたら…、あなたは彼にとっての「ファーストキス」の相手になってしまいます。

「口づけ」という行為に「初めて」という付加価値が付いてしまうと、はからずも「彼にとっての特別な女性」になってしまう可能性が。

そうなるとちょっと荷が重い…なんて感じる場合もありますよね?

お見合い相手の彼が「唇を合わせること」をどの程度のものと考えてるのか?…交際歴などから推測するのもポイントです。

3.あまり早いと「軽く」見られる可能性アリ

出会いのきっかけが「お見合い」とはいえ、すごくタイプだったりすごく気が合うと感じたりして、初対面から互いに恋に落ちてしまったというパターンもあるでしょう。

その場合、2人の気持ちが盛り上がれば、1回目のデートでキス…という展開になっても不思議ではありません。

もちろん2人の気持ちの問題なのですから、それでも全然OK。

ただし、あまり時期が早いと相手に軽く見られてしまう可能性がある、というのは留意しておきたいポイントです。

男性の側も、ついムードに乗ってやっちゃったものの「え?受け入れてくれちゃうワケ?」なんて内心ビックリしてしまっていたり。

本当は「まだ早いから…」と奥ゆかしく拒んで欲しかったのにな、なんて思われてたらサイアクですよね。

デートのムードが盛り上がっていても、あなたの中で「まだ早いかな?」という思いがあるなら拒んでおく方が正解な場合もあります。


スポンサーリンク

4.気が進まないなら断わるべき

「お見合いデートも、もう10回目」とか「初めて出会ってから3ヶ月経ってる」とか。

「もうしても良い頃なんじゃない?」と一般的に思われるような時期であったとしても、あなたにとって気が進まないと思うのであればするべきではありません。

「◯◯頃までしちゃダメ」が無いのと同じで、「◯◯頃ならした方が良い」ということも無いからです。

もともと恋愛からスタートしていない2人なんだから、何度会っても気持ちが進まないのならそれはしょうがない。

もしお見合いデート中に相手に求められても、心から受け入れられる心境でないなら断りましょう。

決して「相手に対して失礼になる」なんてことはありません。

女にとって「好きだと思っていない男」とのキスなんて拷問でしかないですからね!

5.仲介者がいるなら慎重になるべき

「お見合い」のスタイルは様々ですが、もし業者ではなく「身近な存在」の仲介者がいる場合は慎重になるべきでしょう。

お互いの親や親類と繋がりのある相手、ということになる場合、話が伝わる可能性があるからです。

「もう唇は合わせた仲」など、万が一にも口外されて身内に伝わったらイヤですよね…。

また、仮にその後にあなたから交際を断った場合、相手が腹いせで「何度もキスした仲なのに!」なんて話を仲介者にバラしてしまう可能性があるかも…。

仲介者が身近にいる場合は厄介な展開になることもありますから、「身体の接触」には慎重になった方が良いでしょう。

おわりに

いかがでしたか?

出会いが「お見合い」であれ「恋愛」であれ、いつどのデートのタイミングでキスするかは「大人ですからそれぞれご自由にどうぞ」。

ただし、今回ご紹介したポイントを踏まえて、自分にとって後悔しないと思えるタイミングをはかりたいですね。

デートを重ねて2人が本当に「この人と愛し合いたい」と思った瞬間にできるといいですね。

(ライター/)

スポンサーリンク



yuujinnnosyoukai-au
友人の紹介で会う!初めての相手に好印象を与えるコツ5つ!

友人の紹介で会う!初めての相手に好印象を与えるコツ5つ! 友人の紹介で初めて会う …

iiotokogainai
「いい男がいない」と嘆く前に!一度は行くべき「出会いの場」7選

「いい男がいない…」「新しい出会いがまったくない」なんて嘆いてる?今回は、結婚願 …

nettorenai-kekkon
ネット恋愛で結婚まで行き着くには?必要なプロセス6つ

現代の恋愛事情において、ネット恋愛はすでにノーマルと言えるまで浸透しつつあります …

dokushi-samishi
独身が寂しいなら試してみて!辛い気持ちを楽にする処方箋5つ

周りの友達がどんどん結婚していって、遊びにも誘いづらくて寂しい。なにより私には結 …

kareshi-kekkonshitekurenai-konkatsu
彼氏が結婚してくれない?なら婚活すべき!幸せへの近道5つ

彼氏がなかなか結婚してくれない・・・年齢的な焦りもあるし、それならいっそ婚活しち …