本気で好きになれない!恋愛できない女子の心理とその対処法6つ!

honki-sukininarenai

恋愛したいのに本気で好きになれない…。

「大好き!」って思う一歩手前で、いつも気持ちがフェードアウトしてしまう。

不完全燃焼な恋ばかりで終わってしまうのは、どうしてなのでしょうか?

燃えるような恋にあこがれるものの、恋愛に消極的になってしまう。

そんな女子に実は、ある心理が隠されていたのです。

今回その女子の繊細な気持ちと対処法を6つご紹介します!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

 1.完璧な恋愛関係を求めてしまう

幸せな恋愛を求めるあまり、理想が高くなりすぎて人を好きになれないってことになっていませんか?

まず一つは「相手に対する条件を高く設定している」、もう一つは、「完璧な関係を求めてしまう」こと。

自分が幸せになるために必要な相手の条件をあげ、それをクリアしていない人は対象外としてしまう。

目でたく条件をクリアした相手と付き合うことになったとしても、連絡を取り合う頻度、休日の過ごし方、イベントの計画などなど、二人の関係においても「こうでなければならない」とガチガチに決めてしまいがちでは?

条件で恋愛していると、好きになるどころか相手の荒さがしになってしまいます。

完璧な人、完璧な関係などありえないことを理解することが、本気で人を好きになる第一歩かもしれませんね。

 2.「良い子」でいようとする

人づきあいをそつなくこなし、いつも笑顔。

「誰とでも上手にやっていけるタイプだよね」なんて言われることも多いけれど、実のところ、「人と話すのは非常に疲れる」ってことはありませんか?

いつも「良い子」でいようとするあまり、素の自分がだせず、あたり障りのない会話しかできないようになったら要注意!

恋愛センサーの機能が鈍っているかもしれません。

自分の素直な感情を押し殺して、いい顔ばかりしていると、自分の気持ちの変化に気づかなくなり、本気で人を好きになれない心になっている可能性があります。

学校や社会の中では、大嫌いな相手にも笑顔でニコニコと接しなくてはいけない場合があります。

そうすると、子供のようにいつも素直な感情表現をするのは難しいですね。

だからこそ、作り笑顔をしなくていい、素の自分がだせる家族や友達と過ごす時間を意識してもつことがとても大切になります。

3.自分に自信がない

良い子でいようとするのも、素の自分に自信がないから。

つい八方美人になってしまうのも、嫌われることを恐れてしまうから。

いい人であろうという心がけはホントに素晴らしいことです。

ただ、人は誰しも、弱く未熟なトコロをもっているものです。

コンプレックス、怠けてしまう心、直したくても直せないクセ、素直になれない頑固さ…。

そんな欠点を自分も周りの人もあるのだと、受け入れることからはじめませんか?

自分自身を認め、愛することができてはじめて、相手へも愛情を注げるようになります

本気で好きになれないと思ったら、まずは自分自身を褒めてあげてください。

どんな小さなことでもいいのです。

「こんな私でも結構いいじゃん!」って思えたら、自然と周りに好きな人や気の合う人が増えていくはずです。

4.ガードが固い

傷つくことを恐れて、心にフタをしていませんか?

本気で人を好きになれないと悩んでいるときは、心のガードが固くなっている可能性もあります。

本気で好きになればなるほど、フラれたり別れたりしたときの衝撃は大きなものに。

だから、本能的に心を守ろうとして、好きになる気持ちを止めてしまうことって、よくありますよね。

しかし、結果を気にして一歩も進まなければ、傷つかない代わり何もない…。

それどころか、どこかで後悔しているのに、そんな気持ちも押し殺してしまう…。

人を好きになれない、負のスパイラルにどんどん陥ってしまいます。

本気で人を愛したときは、そこから得るものも非常に大きいものです。

いつかその経験に感謝し、自分の自信となり、いい思い出に変わるときがきます。

若い頃の傷は回復も早い!恐れず、心のブレーキをすこし緩めてみてはいかが?

 5.恋愛に興味が持てない

恋愛って、相手が人間なので確かに面倒なところはありますよね。

思い描いたストーリーにはならない、すべてロマンティックでハッピーエンドとも限らない、二次元のほうが手軽に気持ちを満足させてくれる…。

うん、それも否めません。

脳内恋愛で十分満足しているから、現実の恋愛に興味が持てずに、三次元の人を本気で好きになれないってこともありますよね。

傷ついたり恥をかいたりすることもないし…。

しかし、五感をフルに使った恋愛は、何ものにも代えがたい快感や満足感が得られるもの!

頭を使う恋愛に偏ってしまった人は、五感を敏感にすることを意識してみて。

ファッションを変えてみる、体を動かす、料理を習う…など、体のあらゆる五感が刺激されることで、人に興味が持てるようになります。

ハッピーオーラ―が自然とにじみでて、恋愛を楽しむ勇気が湧いてきますよ。

6.減点方式で人を評価する

真剣な恋愛を望むがゆえに、相手の欠点を見つけることに一生けん命になっていませんか?

学歴、ルックス、ファッションセンス、会話、食べ方…などなど。

気づいたらマイナス点の荒さがしになってしまい、結局、合格点をクリアできる男性がいない、好きになれない…。

なんてことになっているときはちょっと待って!

減点方式で男性を評価してしまうと、たとえ完璧な人であっても、本気で好きになる前に、「価値観が違う」という理由で終わりにしてしまいがち。

価値観というのも、そもそも同じ家に育った兄弟でさえ全く同じにはなりませんが…。

考え方は十人十色。

育った環境、生まれもった性格、長所、短所がそれぞれあることを、もう一度思い出して。

減点していけば、いずれゼロになってしまいます。

好きになれないと思う前に、加点方式でいいトコロを見つけるようにすれば、自然と「好き!」の気持ちが増加していきます。

おわりに

いかがでしたか?

失敗を恐れるばかりに頭で恋愛をし過ぎてしまうと、本気になる前に心のブレーキをかけてしまいがち。

本気で好きになれない女子の心理と対処法を参考に、もっと心で恋愛を楽しんでみて。

失恋こそが恋愛上級者への道。

ダメ男に引っかかったとしても、いいじゃない?

次にステキな人と出会ったとき、人を見る目が養われます。

まずは恐れず心を開いて一歩進んでくださいね。

(ライター/niko)