彼氏と別れ話…別れたくない!今の辛い状況を回避する方法6つ!

彼氏との関係が上手くいっていないとき、真剣に「大事な話がある」なんて言われたら怖いですよね…。

“振られるかもしれない"と少しでも思っているからこそ、落ち着いてはいられないと思います。

でも彼氏と別れたくないときは、別れ話の乗り切り方を知っていれば大丈夫。

今回は、今の辛い状況を回避する方法を6つご紹介します!

アドセンス広告(PC&モバイル)(投稿内で最初に見つかったH2タグの上)

1.別れたい理由をきちんと聞く

「彼氏と別れたくない」そう思っていると、別れ話なんてまともに聞くことはできませんよね…。

気持ちが追いつかなくて、その場に居るだけでヒステリックになってしまうでしょう。

でもどうにか気持ちを落ち着かせて、別れたい理由をきちんと聞きましょう。

それが状況を回避する方法です。

むやみやたらに引き止めるのではなくて、逆に冷静なあなたを見せたほうが考え直してもらいやすいのです。

彼があなたに今まで言えなかった理由でモヤモヤしていたのなら、思いを打ち明けることで気持ちがすっきりするはず。

そしてあなたが原因をきちんと理解できれば、新たな解決策が見えてくるかもしれませんよ!

2.彼の気持ちに共感する

振られる側は恋人から別れ話をされるとき、上手く説得するために“いいように話を進めがち"になります。

別れたくないからこそ言われたことに対して、「でも…」「だって…」と否定ばかりしてしまうのです。

でもこれって振る側からすれば、言い訳にしか聞こえないのです。

なので彼の話に共感してください。

これは別れたくない状況を回避する方法です。

例えば彼氏が、あなたの"話を聞かないところが嫌"だとします。

そのときに「私最近そういうところあったんもんね…」「ごめんね…」「嫌だったよね…」など、気持ちに寄り添うことが大切なのです。

「きちんと聞いているつもりだった」「そんなことはない」と否定から入れば、彼は全て言い訳に聞こえるでしょう。

うんざりされて、今より「別れたい」と思う気持ちを強くさせてしまうかもしれません…。

3.「好き」を伝える

あなたが"別れたくない"と思うのは、彼氏のことが大好きだからですよね。

彼がいないと生きていけない…それくらい愛しているからですよね。

それなら強く引き止めるのではなくて、ストレートに気持ちを伝えてみてはいかがでしょうか?

「絶対嫌だ!別れたくない!」ではなく、「私○○君のことが本当に大好きなの…」と素直な思いを打ち明けてみてください。

ストレートに「大好き」だと言われれば、別れようと決意している彼氏も動揺してしまうはず。

「こんなに愛してくれる子を振っていいのか…」「俺が守らないといけないのではないか…」と考え直してくれるでしょう。

4.涙を流す

男性は基本的に、"女性の涙に弱い"生き物。

目の前で女の子が泣いていたら放っておけない…言いたいことが言えなくなる…など、その場の流れを変えることができるのです。

なので涙を流すことも、別れ話を回避する方法のひとつですよ。

でも大泣きするのはわざとらしいので、一粒涙を流すくらいがいいかもしれません。

もしあなたが普段泣かないタイプなら、彼は驚いて動揺すること間違いなし。

それ以上、別れ話を進めることはできなくなります。

それに涙を流すことは、「それくらい真剣だった」「大好きだった」と実感させることができます。

“この女性を簡単に手放していいのか"と、彼氏は考えを変えてくれるでしょう。

5.悪いところは変える意思を見せる

彼氏に別れ話をされるのって、何か原因があるからですよね。

「遠距離になるから」「夢を追いかけたいから」など、円満な別れ以外は必ず理由があります。

なので、自分の悪いところは変える意思を見せることが大切。

それが原因で振られているのですから、逆にその原因を改善できればチャンスはあるということなのです。

例えば別れ話になった原因が、「あなたの束縛が激しいから」なら「これからは見張り過ぎないようにする」。

「価値感が合わないから」なら「できるだけ彼の考えに合わせるようにする」など、別れたくないのなら改善策を伝えてみてください。

自分を変える意志が伝われば、“もう少し一緒に居てみよう"と別れ話をなかったことにしてくれるかもしれません。

6.少し時間が欲しいと伝える

彼が別れ話をしてきそうな今、何か他に集中していることはありませんか?

仕事が忙しい時期など、恋愛より優先するものが近くにありませんか?

もしあるのなら、彼氏は今正しい判断ができない状況なのかも。

その場の考えだけで、あなたとの別れを選択しているのかもしれません。

なのでこの状況が変わると信じて、「少し時間が欲しい」と伝えることが大切なのです。

もし仕事が忙しくてあなたのことまで頭が回っていなかったのなら、落ち着いた頃に「なんで別れ話をしたのだろう…」後悔するはず。

距離を置いているだけでまだ付き合っているのなら、また元の関係に戻れるはずですよ!

おわりに

いかがでしたか?

彼氏に別れ話をされるとき、別れたくないからといって必死に引き止めるのは逆効果。

「しつこい」「面倒くさい」など、大事なときにマイナスのイメージしか持たれません…。

なので辛いかもしれませんが、出来る限り冷静でいることを意識してくださいね。

今回ご紹介したことを参考に、彼氏があなたの関係を考え直してくれますように…!

(ライター/u-tam)